帰ってきた母。最近の事

スポンサーリンク

母が帰ってきた

正直今年に入ってどんどん苦しい事が重なってずっと苦しい。

その中でも4月からは凄くきつかった。

4月の始め父が腹痛で病院に運ばれて、すぐに帰って来たけど、それから再検査・入院しての精密検査をした。

がんだった。

父は以前にも今回と近い場所にがんが出来て放射線治療していたので、正直悪い予想をした。

しかし発見が早かったので、がんと近所の臓器を一つ取って落ち着いた。

入院は5月の終わり頃からで、2週間ほどの入院だった。

父は理不尽で声を聴くのも怖い。

けど、やはり家族なので心配してしまう。

悩んでも心配しても、そもそもぼくがいくら考えてもどうにもならない事だから、解決のしようがなくてどんどん不安が募って苦しかった。

父がもうすぐ退院するっていう6月4日の月曜日、母が朝から苦しがって救急車を呼んだ。

背中の異常な痛みと息の苦しさ、少し良くなったから救急車は呼ばなくていいと言われたけど、どう見てもおかしかったので救急車を呼ばずにはいられなかった。

心筋梗塞だった。

今はカテーテルを通してふさがった血管を広げることが出来るので、発見が早ければ昔ほど怖くないのかもしれないけど、もの凄く心配だった。

病院について2時間ほどたったころに処置が終わって、集中治療室?に帰ってきた母にあった。

朝の状態が嘘だったようにケロッとしていたけど、もう一ヶ所ふさがりそうな血管があるから、1週間後にもう一度カテーテルで血管を広げる治療をするとのことだった。

この日はもともと人に会う約束をしていたので、その人に連絡したら病院まで来てくれた。

いつもお世話になっている人だったので、これからどう過ごすかとう話して夕方ごろ家に帰った。

父も母も入院して、真っ暗な家で突然一人になって、色んな事が不安だった。

翌日ぴこの世話をするだけで、後は何もできず色々考えていた。

今回は父も母もどうにかなったけど、正直言って二人とももうそんなに何十年もは一緒に居られない。

父は七十後半、母も六十後半。

ぴこも13歳。

そう遠くないうちにぼくは一人になると思う。

そうなると、正直生きている意味も無いなぁとか、色々考えた。

母の入院から3日後父が帰ってきた。

それから今までの2週間ちょっとは地獄だった。

ずっと距離を取るようにしていた父が、いつも待ち構えていて会うたびに声を掛けられる。

父も退院したばかりだしぼくが我慢しないとと思って過ごしたけど、もう・・・地獄だった。

母の入院は最初10日ほどだと言われていたけど、薬にアレルギー反応が出て2回伸びた。

10日だと思って、あと3日・・・あと2日・・あと1日・・と耐えて居たので、入院が伸びた時は絶望した。

2~3日伸びると言われて、あと2日・・・あと1日・・と耐えて居たらさらに伸びて、先週末壊れてしまった。

それでもなんとか毎日耐えて、今週の火曜日、母が帰ってきた。

凄くほっとした。

本当に地獄だったから。

もちろん心配もあったけど、そんなものが吹き飛ぶくらい苦しかった。

母が帰ってきて、父のストレスのはけ口にならなくていいと思っていたけど違った。

今度は母の入院中にため込んだストレスを父が発散しだした。

帰った当日に母を怒鳴って居たり、ぼくにも怒りをぶつけてきた。

正論が無い理不尽な怒りだからどうしようもない。

終わると思った地獄はまだしばらく続くようで、正直苦しい・・・

ぼくは発散が出来ない人だからブログに書くくらいしかなかった。

あと最近の事。

スポンサーリンク

障害年金の申請

年金の申請にむけて時間をかけて聞き取りなどしてもらってきたけど、先週の水曜の診察時やっと診断書が出来上がったと言われた。

来週の月曜にワーカーさんと一緒に提出に行く。

ぼくの場合一つ前の病院が話にならなくて、支援者の人達と話し合って辞めてしまったので、そこから資料を取り寄せたりするのはやめましょうと言われて、一から聞き取りや検査等しなおして、1年半かかった。

長かった。

降りたとしてお金を使う元気もないけど、いい方向に繋がるのかな。

どうなるのかな・・・

今後どうなるのかな・・・

お金がたまったとして、だれも知った人が居ない、人が少ない静かな場所に行けたらと思う事がある。

ぼくは一人では生きられないけど、そんな場所にいって生きられずに死ぬならそれも良いのかなと思ったりする。

ぼくは一人では生きられないし、一人だと生きている意味もないと思う人だから、そう遠くないうちに”意味がない”人になってしまうと思う。

電話の人とか、ぼくが必要とする代わりが居ない人は居るけど、ぼくの代わりはいくらでもいると思うから、あんまり意味もないのかなぁと。

考えたくないけど、ずっと苦しくて頭も心もおかしくなってしまったので、頭の中は最近ずっとそんな感じ。

幸せになりたいとまではいわないけど、楽しいと思って過ごせるようになりたい。

鬱丸出しで最悪だけど、もうどうにもならなかった。

そんな最近でした。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ホリディ☆ より:

    こんにちわ♪ピコちゃん、変わらず、かわいいですねえ♪^^久しぶりです♪
    ぴこちゃんの、お世話も、頼みますね♪^^
    気楽にいきましょう!
    考えすぎはだめですよ♪!

    息抜きしましょう!大事です!
    写真ありがとうございます^^

  2. ホリディ★ より:

    こんにちわ♪ぴこちゃん、変わらずかわいいですね♪13歳ですか??見えないです♪元気そうで!!よかった♪狂犬病とか、行ってますか??
    薬も大事ですからね!!
    ぴこちゃんの、ためにも、お願いします♪^^
    最近アクセサリー作ってますか??♪

    • ぴろ より:

      こんにちは。
      ホリディさんお久しぶりです^^

      ぴこさんは相変わらず元気です!
      病院にも定期的に行っているので大丈夫だと思うんですけど、さっき左後ろ足に少しコブがが出来ていて気になります><

      倉敷の豪雨が怖かったりしてしばらく見る余裕が無かったのですが、久しぶりにコメントを確認しました。
      定期的に見てくれて、いつもコメントもらえてありがとうございます^^

      アクセサリーを作る余裕はしばらくなさそうです><
      ブログもしばらく更新できるかわかりませんが、絶対また更新するのでその時はまたコメントもらえたら嬉しいです^^

  3. ホリディ♪ より:

    こんばんわー★ぴこちゃんの、写真ありがとうございます^^
    元気ですか??
    更新してないので心配です!!
    元気ですか?

  4. なおゆき より:

    こんにちは。突然すいません。
    岡山市内在住52歳、なおゆきと申します。
    発達障害関連のサイトを検索していてピロシキさんのブログを見つけました。
    読ませていただき、いろいろお苦しいと思いますが、あなたの考え方がしっかり文章がまとまっていてわかりやすいと思いました。

    ちなみに僕は子供はいませんが、現在28歳になる姪(妹の娘)を預かって世話をしています。妹は離婚して姪を放置してしまっています。
    この子が自閉症スペクトラムを病んでいて毎日大変です。
    少し仕事をしてますが、それ以外の日常は引きこもっています。
    ピロシキさんの考えもいろいろ参考にさせていただきたいです。
    岡山市にはいろいろと公的なサポートがあるので、わらをもつかむ気持ちで頼っていますが、なかなか道のりは遠いと感じています。

    • ぴろ より:

      なおゆきさん初めまして^^

      僕の感じ方や考え方なので全ての人に当てはまるわけではないのですが、少しでも参考になればうれしいです。

      変な言い方かもしれませんが、引きこもるのも楽しく引きこもれるならそれはそれでいい事だと思います。
      鬱や不安障害対人恐怖等の2次障害が出てしまうと、楽しいではなくて”怖くて”引きこもるようになってしまうと思います。
      そうなると頑張る余裕も外に出る事も出来なくなってしまうと思います。

      発達障害があると刺激を受けやすくて、その分ストレスを受けすぎる事、それに発散が上手くできにくい事から、鬱等になりやすいようです。
      そうなる前に姪子さんが自分が楽でいられる方法を見つけられると良いですね^^

      岡山市内だと生活支援センターや施設等充実していると思います。
      全ての施設が頼りになるかというと、正直微妙なのですが、ちゃんと理解しようとしてくれる人と出会えたら、苦しさを減らす事だったり、少し外に出る事だったりできるようになるかもしれません。

      でも、本人が出たくないなら出ないのが一番だと思うので、無理のないように、姪子さんが話したい時にはその話を否定せず冷静に聞いてあげて、外に出たくなったら送り出して上げるように優しく接してあげてくださいね^^

      ぼくには姪子さんの気持ちや状況はわかりませんが、なおゆきさんも姪子さんも無理のないように暮らせると良いですね。
      ぼくでわかる範囲なら何でも答えるので、コメントかメールが良ければコメント頂ければメールに返信するようにします。